救急救命学科

「救命の最前線」で活躍できる国家資格「救急救命士」を、
最短の修業年限でめざします。

取得可能な資格

  • ●救急救命士(国家資格)受験資格

主な就職先

  • ●消防機関
  • ●警察
  • ●自衛隊
  • ●医療機関 など
学びのポイント 学びのポイント
point

最短2年間で国家試験受験資格取得

2年間のカリキュラムを修了することで、救急救命士国家試験を受験することができます。(200時間の病院実習・消防実習を含む)

point

国家試験・公務員試験のW合格をめざす

資格取得のための国家試験と、消防職員になるための公務員試験の対策授業に力を入れ学習を進めます。また、消防採用試験に向けた体力錬成や、夏期集中試験対策授業や課外授業も行いW合格をめざします。

point

やさしさと礼儀ある救命士を育成

命をつなぐ仕事だからこそ人の心に寄り添えるやさしさを持ち、礼儀礼節をわきまえた救命士になれるよう、授業や日常生活にも挨拶・返事・コミュニケーションを大事にしています。

学びのポイント 救急救命学科の学び

1年次医学に関する知識を幅広く学び、礼儀・規律・基礎体力を身につける

救急処置各論

救急処置各論

救急救命士としての基本的な処置をするために必要な知識や理論を、現場経験豊富な教員から講義で学びます。

 
体育(空手・基礎体力)

体育(空手・基礎体力)

体育の授業の一環として、武道の礼節を学ぶための空手や、消防採用試験に備えた基礎体力向上の授業も行っております。

2年次実習を通して実践的に学び、国家試験・公務員試験の合格をめざす

シミュレーション実習

シミュレーション実習

様々な現場を想定した訓練を行います。知識に基づいて適切な処置や判断ができたか、態度やチームワークに問題はなかったかなど、実践的に体得していきます。

 
臨地実習

臨地実習

2年次の夏には救急病院での実習と消防署での救急車同乗実習を行います。判断能力・処置技術や医療スタッフとの連携など、200時間に及ぶ臨地実習を通して学びを深めます。

教員メッセージ

夢は叶うものではなく、叶えるもの!!
そのために今、何をすべきかを考えよう。

救急救命士は、病気やケガで苦しんでいる人々の命に携わる、とても重要な役割を担っています。命を救うプロとして、その業務を成し遂げるために必要な知識、技術、体力を 2 年間で効率よく修得できるのが本学科の魅力です。経験豊富な教員によるシミュレーションを中心とした実践的な授業、専門の教員による公務員試験対策授業も実施。同時に奉仕の心や礼節、思いやりの心を育んでいくことで、「知識」と「技術」と「心」を持った救急救命士を育成しています。

学科長
処置拡大 薬剤投与追加講習 1期生総代 鈴木 昇 先生

赤星 康彦 先生
副校長

page-top