専門調理師学科

『基礎力・実践力・応用力』を磨きあげ、
多様化する食分野で必要とされる調理師をめざします。

取得可能な資格

  • ●調理師免許(国家資格)
  • ●製菓衛生師国家試験受験資格(希望者のみ)
  • ●レストランサービス技能検定3級(合格者)
  • ● 食品技術管理専門士

主な就職先

  • ●ホテル
  • ●レストラン
  • ●割烹・料亭

  • ●集団給食施設 など
学びのポイント 学びのポイント
point

調理師に必要な基礎技術を
確実に習得する

1年次は週5日の実習を行い、2年次には日本料理・中国料理・西洋料理のすべての基礎技術を確実に習得し伸ばしていけるよう、繰り返し基礎実習を行います。

point

幅広くについて学ぶ
専門性の高い実習授業

多様化する食分野に対応できるよう、さまざまなシミュレーション実習(専門実習)をカリキュラムに取り入れ実践力と応用力を高めていきます。

point

サービスの授業や
経営学まで総合的に学ぶ

調理技術だけではなく、サービスマナー全般や経営学、パソコン、外国語など、現場で生かせる学びも深めていきます。

学びのポイント 専門調理師学科の学び

1年次技術・知識共に基礎から学び、調理師としての基盤を作る

調理実習

調理実習

調理師としての役割や基本的な姿勢を理解し、包丁の扱い方から調理、盛りつけ、片付けまでの過程を、実習を通して繰り返し学ぶことで技術を習得します。

 
食品衛生学

食品衛生学

調理師として安全な食を提供できるよう、食中毒の予防や食品の保存法など食品衛生に関する知識を学びます。

2年次週8割の実習授業で、確かな基礎技術と実践力を学ぶ

総合調理実習 Ⅱ

総合調理実習 Ⅱ

食文化を広く知ること、より高度な調理技術を修得することを目的として、和・洋・中はもちろん、メキシコや東南アジアといった世界の料理も実習を通して学びます。

 
基礎調理実習

基礎調理実習

日本料理・中国料理・西洋料理すべての基礎実習を2年次でも繰り返し行い、技術を確実に習得します。

農園実習(シミュレーション I )

農園実習(シミュレーション I )

通年で様々な野菜を育てます。食材を育てる大変さを知り、扱うことの大切さと美味しさに必要な「旬」を知るための実習です。

 
外国語

外国語

言語を学ぶだけでなく、外国人と積極的にコミュニケーションがとれる調理師をめざします。

教員メッセージ

できた!成功体験をバネに、
学習意欲を高め、飛躍的な成長を促す。

1年次は基礎学習を重視し、調理師としての知識や技術はもちろん、挨拶や返事といった社会人としてのマナー、学びへの向上心を育みます。2年次はさらに高度な知識、技術の修得に向けて、実践的なカリキュラムを展開。現場研修や学生レストランなどを行います。コンクールに参加する積極的な学生から技術の習得に時間のかかる学生まで、放課後も利用しながら指導を実施。「できなかったことができるようになった!」といった成功体験をバネに、さらなる成長を促します。

斎藤 達也 先生

斎藤 達也 先生
専門調理師学科・調理師学科 学科長

page-top